売却Q&A



①あなた 買い替えを考えています。先に売るのか、先に買うのかどちらがいいですか?

三愛 一番良い「お住み替えのかたち」はお客さまそれぞれ。まずはご相談下さい!

どちらが良いかは、「ローンの残債」や「ご希望のお住み替えのかたち」に
よって変わります。「先売り」のメリットは納得のいく価格(できるだけ高い価
格)での売却ができること、デメリットは気に入るお住み替え先を見つける
時間が限られること。「先買い」のメリットは気に入るお住まいをとことん探
せること、デメリットは売却期間が限られたり、2重払いになる可能性が出
てくること。それぞれのデメリットは、一度賃貸に移ったり、買取を検討する
ことでクリアすることもできます。どちらにしても、売却・購入それぞれのタイ
ミングはとても重要です

②あなた 賃貸か売却か迷っているのですが・・・。

三愛 特別な事情がないかぎりは、早めの売却をオススメします!

『将来的に同じ場所に戻ってくる可能性が高い』『いずれ親族が住む予定
がある』等、所有しておきたい理由があるのであれば賃貸に出すという選
択肢は有効と言えます。
ただ、住宅ローンを組んでいる場合には賃貸に出すことはできないことが
あるのでその点の考慮も必要ですし、建物の価値は年々下がっていくた
め、地価の高騰等がない限り不動産は値減りするという点を踏まえると、早
めに売却を完了させることにも大きなメリットがあります。人によって選択肢
は様々。まずはお気軽にご相談くださいませ!

③あなた 複数の業者に売却を依頼したほうが有利になりますか?

三愛 ここだ!という会社、営業マンが見つからなければ、複数の会社に依頼することも1つです。

販売力がありそうで、信頼も出来る、ここだ!という会社があれば、1社に
任せるのが1番だとは思いますが、もしそういう担当者や会社がない場合
は、複数の会社に任せる方が無難です。一般的に、自宅の販売を依頼す
る媒介契約は、契約期間を3ヶ月間とするケースが多く、途中『信頼出来な
い。』『頼りない。』『この会社、この営業マンは駄目だ!』と思っても、3ヶ月
間しかたなく我慢する・・・という事になります。これはたいへんな機会損
失。複数の会社に任せておけば、長くお付き合いする中で、どの会社が信
頼出来るかは、分かってきます。