売却依頼時の契約の種類



不動産会社にご売却をご依頼する場合、お客様と不動産会社が「媒介契約」を結ぶことになります。
媒介契約には専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3種類あり、それぞれに特徴があります。

① 専属専任媒介契約

1) お客様は1社の不動産会社に売却を依頼することができます。(複数の不動産会社に依頼することはできません。)
2) ご自身で買主様を見つけた場合、直接契約を行うことができません。
3) 不動産会社は媒介契約後5日以内に、指定流通機構「レインズ」にお客様の物件情報を登録します。
4) 不動産会社はお客様に対して1週間に1度以上の割合で文書または電子メールにて活動報告を行います。

② 専任媒介契約

1) お客様は1社の不動産会社に売却を依頼することができます。(複数の不動産会社に依頼することはできません。)
2) ご自身で買主様を見つけた場合、直接契約を行うことができます。
3) 不動産会社は媒介契約後7日以内に、指定流通機構「レインズ」にお客様の物件情報を登録します。
4) 不動産会社はお客様に対して2週間に1度以上の割合で文書または電子メールにて活動報告を行います。

③一般媒介契約

1)お客様は複数の不動産会社に売却を依頼することができます。
2)ご自身で買主様を見つけた場合、直接契約を行うことができます。
3)不動産会社は、登録することとした場合には指定流通機構「レインズ」へお客様の物件情報を登録します。
4)不動産会社はお客様に対して活動報告の義務はありません。

●それぞれの契約の比較

●レインズ「REINS」とは

レインズは、宅地建物取引業法に基づき、国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機
構」である全国で4つの公益法人によって運営されている情報共有のためのコンピュー
ター・ネットワークシステム。売出物件情報・成約物件情報などの不動産情報がリアルタ
イムで入手できます。 全国の不動産情報はほぼここに集められ、各不動産会社はここ
から情報を取得して買主様に情報提供します。つまりレインズに登録された情報は全て
の不動産会社で共有されます。