コンサルティング



社会経済環境の変化に伴い、個人・法人を問わず土地所有者等の不動産に関するニーズは多種多様なものとなっています。
さまざまなニーズに広く応えるためには、高度な専門知識と豊かな経験を持った人材が必要であることはいうまでもありません。
このような社会的要請を踏まえ、(財)不動産流通近代化センターが平成5年度より不動産コンサルティング制度(不動産コンサルティング技能試験・登録制度)実施しています。

この制度において、不動産コンサルティングに関する知識・技術を「事業」・「経済」・「金融」・「建築」・「税制」・「法律」・「実務」といった多岐にわたる分野の試験により審査し、合格者は、申請により同センターの登録を受けることができます。
この登録を受けた人のことを「不動産コンサルティング技能登録者」といいます。
弊社には「不動産コンサルティング技能登録者」が在籍し、次のような業務を行っております。

退職後の安定収入確保のための土地の有効活用、市街地に所在する農地の有効活用、賃貸ビル事業の収益低下に対応した再有効活用、老朽賃貸住宅の建替え・再有効利用など

相続対策を中心とした所有土地の有効活用、相続税軽減のための資産の組み換えなど


底地と借地権の交換、借地権者による底地買い取り後土地の一部を隣接地所有者に売却、借地権と底地を合わせて第三者に売却など


顧客が競売に参加し物件を取得するための各種の事前調査と助言、物件取得後に派生する問題への対応策の立案・助言など
衰退する駅前商店街の活性化や土地の再有効活用のための調査・企画立案など


複数不動産の活用・処分についての総合的なアドバイス、第三者的立場で不動産賃貸事業全般についてコンサルティング、陳腐化した駅ビル地下商店街の活性化、空室の増えた賃貸住宅の稼働率を上げる、貸地に関するアドバイス、不動産購入者に対するアドバイスなど
以下は弊社がお世話させていただいた事例です。